英彦山(ひこさん)神宮(奉幣殿〜中津宮〜上宮)

鎮座地 〒824-0721 福岡県田川郡添田町大字英彦山1    
電話  0947-85-0001 
旧社格等  官幣中社  
御祭神 ・下津宮:大国主命(おおくにぬしのみこと)
・中津宮:田心姫神(たごりひめかみ)
     湍津姫神(たぎつひめかみ)
     市杵島姫神(いちきしまひめかみ)
・上宮 :天照大神(あまてらすおおみかみ)の子「天忍穂耳命(あめのおしほみのみこと)
御由緒  英彦山は、古来から神の山として信仰されていた霊山で、御祭神が天照大神の御子、天忍穂耳命であるところから「日の子の山」即ち「日子山」と呼ばれていました。
嵯峨天皇の弘仁十年(八一九)詔により「日子」の二字を「彦」に改められ、次で、霊元法皇、享保十四年(一七二九)には、院宣により「英」の一字を賜り「英彦山」と改称され現在に至っています。
英彦山は、中世以降、神の信仰に仏教が習合され、修験道の道場「英彦山権現様」として栄えましたが、明治維新の神仏分離令により英彦山神社となり、昭和五十年六月二十四日、天皇陛下のお許しを得て、戦後、全国第三番目の「神宮」に改称され、英彦山神宮になっています。

御神徳
 天照大神の御神勅により、この地に降臨された天忍穂耳命は、農業生産の守護神として、また鉱山・工場などの産業の守護神として崇敬されています。
 (平成祭データ)
参拝月日  11/22/2003

銅の鳥居
ここから奉幣殿を経て中津宮、上宮をめざす。

銅の鳥居
国の重要文化財
高さ:7m
柱周り:3m
1637年
佐賀藩主・鍋島勝茂の寄進によるもの

参道
石畳がつづく

下宮
奉幣殿の真上にある下津宮とは
異なる。

宿坊
参道の脇にこのような宿坊がある。

土産物屋をすぎると
このような石段がつづく
段差が大きく下りは
きつかった。

維新殉国志士の墓

奉幣殿に到着

夫婦杉

奉幣殿
国の重要文化財
すぐ前に御神水があり、
名水にも選ばれている。


元和2年(1616年)
小倉藩主の細川忠興によって再建

名前の由来
日の神(天照大神)の
子(天忍穂耳命)を祀って
いることから日の子の山
日子山(ひこさん)と
呼ばれていた。

中岳(上宮)への
登山口
約2時間の行程

下津宮から
奉幣殿を見下ろす。

下津宮
祭神は大国主命

中津宮(中宮)
頂上までの
中間点

平成3年の台風19号
により被害をうけた杉も残る。

ムスビ神社
(行者堂)

山頂(上宮)に
到着

上宮
今回は土曜日だったが
閉まっていた。