新着情報

・当サイトの新着情報です。
・毎週更新しています。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

筥崎宮(福岡市東区)の紫陽花
2004/06/13

福岡市東区の筑前一の宮 筥崎宮には110品種、3,500株の紫陽花が咲き誇るあじさい苑があり6月いっぱいはあじさい祭りが開催されています。
6月12日(土)今が見ごろとのことで早速、参拝を兼ねて撮影してきました。晴れの予想でしたがあいにくの曇りで神社の方は撮影にはあまり良くありませんでしたがこちらは人出もそこそこでわりとゆっくり撮影できました。神社の方は近々掲載します。

夜宮公園(北九州市戸畑区)の花菖蒲
2004/06/06

6月2日、梅雨入りしたのに晴れの日が続いている。戸畑区の中心の閑静な住宅街にある夜宮(よみや)公園の花菖蒲を撮影してきました。朝早くと思っていたが8時ころ自宅をでて、30分ほどで着いた、すでに数組?の熟年カメラマン(ウーマン)の方が撮影されていました。まだ満開とまではなってなく菖蒲祭りの開催される今度の土日(6/5,6)が見ごろとなるようでした。

忌宮(いみのみや)神社(山口県下関市)
2004/05/29

5/28、関門国道トンネルをくぐって下関市の城下町で有名な観光名所の長府の町の中心にある忌宮神社とすぐ近くの乃木神社に参拝しました。
長府は10数年前仕事でお世話になったところで昼間は仕事、夜はこの神社の境内にある料亭をはじめ夜蝶探索で通ったなつかしい所です。

薦(こも)神社(大分県中津市)
2004/05/23

最近、花づいていましたが久方ぶりに本来の神社に参拝しました。国道10号線を南下して福岡県と大分県の県境の山国川を越えてすぐの中津の薦(こも)神社です。
国道10号線もバイパスが行橋市から椎田町、豊前市、中津市と整備されていて高速道路はありませんが以前より便利になっています。当神社はこの中津バイパスから左折してすぐの近くには競馬場(いまは廃止された)大貞公園がある住宅街の中にあります。
本殿の周りを土塀が囲んであり撮影は良くできませんが
楼門(神門)は大変立派で国指定重要文化財です。

福智山ろく花公園のポピー
2004/05/09

連休期間中は天気が悪くどこにも行けませんでした。件名ポピーが最盛期の見ごろとのことで早速、撮影してきました。場所は直方市の福智山のふもと、北九州からは北九州都市高速の馬場山ICで降り国道200号バイパス経由で30〜40分で着きました。
 入園料は大人300円と有料ですが駐車場は広く無料です。
 このところ菜の花、チューリップ、ポピーと花づいてしかも直方ばっかりとなっています。そろそろ神社の方も参拝したいと思っています。

直方のチューリップ
2004/04/18

例年”のおがたチューリップフェアー”が開催される直方市のチューリップを撮影してきました。場所は遠賀川と彦山川に挟まれた中ノ島広場と対岸の直方リバーサイドパークです。
前回の菜の花の場所とは国道200号線の日の出橋をはさんで上流に位置します。
川沿いに延びる花壇は南北に約一キロ、天気もよく気持ち良く撮影できました。
ただ時期が遅くすでに半数が散り始めていました。

北九州の桜
2004/04/11

春らんまん、北九州の桜の名所をまわってきました。
 4月3日(土)
小倉城、手向山公園、平和公園(森林公園)、中央公園(金比羅)、さくら通り、河内貯水池、高見神社。
 4月6日
手向山公園、めかり公園、昭和池公園
 4月10日(土)
妙見神社
 以上です、どちらも人出は多かったです。
これから順次フォトギャラリー(番外編)に掲載します。

小倉城の桜
2004/04/04

小倉城(北九州市小倉北区城内2−1)の桜が満開になったので撮影してきました。花見客が来ない内にと思い前日の歓迎会の二日酔いでしたが午前中に行きました。
人出はやはり多かったです。

遠賀川河川敷(福岡県直方市)の菜の花
2004/03/14

遠賀川の河川敷一面に風に波打ちながら咲く菜の花を撮影してきました。
場所は北九州市八幡西区に隣接する筑豊の市、直方市の中心を流れる遠賀川、国道200号線を遠賀川で右折して直ぐに河川敷一杯に咲いている菜の花が目に入ってきます。長崎街道の宿場町木屋瀬から中間市にかけて河川敷の両側にひろがっています。

綱敷天満宮(福岡県椎田町)
2004/02/28

2/27、境内に約1000本の白梅、紅梅があり、学問の神様菅原道真公をまつる椎田町の綱敷天満宮に参拝しました。北九州から国道10号線を南下すること1時間強で到着しました。昨日まで梅祭りが開催されていましたが、今年は梅の開花は遅くまだ満開とはなっていませんでした。901年左遷された菅原道真公が大宰府に
赴く途中暴風雨にあいこの浜にたどりつき、漁船の綱をくり敷いて休んでもらった。955年社壇が造営され「綱敷天満宮」と称えられた。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -