新着情報

・当サイトの新着情報です。
・毎週更新しています。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

肥前一の宮 與止日女神社(佐賀県大和町)、他に参拝
2005/04/24

 4月23日(土)、久しぶりにちょっと遠出をしてきました。
 全国一の宮で佐賀県大和町に鎮座されている肥前国一の宮 與止日女(よどひめ)神社のそばを流れる
嘉瀬川(川上峡)では丁度春風に泳ぐ600匹のこいのぼりの壮観な姿がみられるとのことで参拝してきました。

 天気は晴れの予報でしたが薄曇りで青空は見れませんでしたがまずまずでした。
4月1日から5月9日まで見られるとのことで期間中の土日には屋形船も営業しています。
 場所は長崎自動車道佐賀大和ICから1分とアクセスも抜群です。
 帰路はもうひとつの肥前一の宮でお粥でその年を占い先日の福岡西方沖地震を当てたといわれ
有名になった千栗八幡宮(ちりくと読むちくりではない)の参拝、久留米城址に鎮座されている篠山神社、久留米つつじまつりが開催されている久留米百年公園を廻ってきました。
 連休には人出が多く大変と思い早めにしました。
久留米つつじまつりは4月1日から5月5日まで開催されていてこの久留米百年公園のほか
緑化流通センターを会場にして熊本市、鹿沼市のそれと並んで「日本三大植木まつり」のひとつとして有名です。期間中35万人の人出で賑わうとのこと。
 この広い会場で会社の同僚のご夫妻に会いびっくりすると同時に悪いこと?!はできないものだと思いました。
 これらは近々掲載します。

近所の小公園の桜
2005/04/10

 4月9日(土)、北九州の桜もようやく満開になったようです。
自宅近くの公園の桜も満開となり今が見ごろです。ここにはソメイヨシノが4、5本と赤い桜?が3、4本あり今年はとくにコントラストがみごとです。
 ただ残念ながらこの公園?は花見(宴会)をするスペースがありません、桜の下は花壇になっており今はチューリップ等が楽しめます。
 午後には昨年ちょっと遅れて行った直方のチューリップフェアに行ってきました。
 今年は最盛期で見事でしかも桜と菜の花も同時に鑑賞でき人出も多かったです。これは近々掲載します。
 神社参拝も境内に桜のあるところで福岡姪の浜の愛宕神社に昨日(4/08)、直方の帰りに香春町の香春神社に参拝してきました。
 右ひざの具合も大分良くなってきましたが、まだ無理はできないようです。

近所の小公園の花
2005/03/20

3月20日(日)、午前10時53分福岡、北九州地方は震度6弱から5の地震に見舞われました。
ちょうどNHK杯将棋トーナメントの決勝戦があり、羽生対新鋭山崎の対戦で楽しんで観戦していました。
突然ぐらぐらと大きく横方向にゆれだして本棚が倒れそうになりましたので手で押さえていました、
すぐに止むものと思っていましたがずいぶん長く感じました。幸い転倒することもなく無事でしたがあとで震度5とのことでびっくりしました。
福岡市内も大きな被害はなかったようですが玄海島では家屋の転倒もかなりあり大変のようです。
 先日痛めた右足のひざをまた無理をしたみたいでついに整形外科のお世話になりました。現在歩行が困難な状態です。
それでこの連休はどこにも行けないので近所の小公園の花々を撮影してきました。ここはいつもお年寄りの方々が手入れを良くされていて花々が季節を通じて楽しめます。桜も数本ありもうじき楽しめます。
しばらく無理をせず謹慎して桜シーズンに備えたいと思っています。

平和公園の梅
2005/02/27

2/27(日)、自宅から徒歩で10数分の平和公園(以前は森林公園と言っていたようだが今は足立公園と呼ぶ?の入り口にある)の梅が見ごろとのことで散歩を兼ねて早速撮影してきました。
 この公園は桜もみごとで市民の憩いの場となっています。
最近マクロレンズを使用してのクローズアップ撮影に興味があり挑戦しています。昨日も無理な姿勢でかがみこんでやっていたら右足の関節を少し痛めて今日はかがむ時苦痛でした。
 TOP PAGEの神社は昨年の撮影の椎田町の網敷天満宮です。(今年は梅祭りに行けませんでした。)

北海道神宮(札幌市)、他に参拝
2005/02/08

2月6日(日)、7(月)の両日厳冬の札幌に行ってきました。
目的は北海道(蝦夷国)一の宮北海道神宮、他の参拝と札幌雪まつりの見物です。
2/6(日)10:51福岡空港をJAL3511便で離陸、日本海側の松江、佐渡島上空を通過し津軽海峡から新千歳空港にほぼ定刻の12:43に着陸しました。
途中ほとんど視界不良で下北半島が雲の合間から見えた程度でした。
13:04新千歳空港からまず北海道神宮を目指しJRの快速エアポート131号で出発、JR札幌駅で市営地下鉄に乗り換え丸山公園駅に14:10頃に到着しました。
円山公園を通過して徒歩15分で神社と案内にはありましたが、降りしきる雪にびっくりしました。服装を整えて防寒体制を建て直し顔に降りかかる雪の中を向かいました。境内入り口には露天が数軒開店していてびっくりしました。
大変な雪の中を参拝し目的のご朱印とお札を拝領し、社殿等を撮影しました。今回カメラはコンパクトタイプを持参しましたので正解でした、この雪のなかでは1眼は使えません。(小生の腕では)
それでもお宮参りをされている若いご夫婦もいらしてさすが北海道と感じました。
今日中にあと2〜3社参拝の計画していましたが2社が限界でした。地下鉄で移動できるところで上手稲神社(南北線宮の沢駅)と新琴似神社(東西線麻生駅)です。
新琴似神社では17時を過ぎて日が落ちてしまいました。
いそぎ次の目的である大通り公園の雪まつり会場に向かいました。地下鉄大通り駅は出口が40数箇所もあり人出も多くて博多の天神地下街も歩けない田舎ものには大変でした。
 何とか名所のTV塔にたどり着き展望台に登り雪まつり会場の夜景を撮影しましたが、3脚はだめでガラス窓に張り付いて撮影を試みましたがタワー自体がゆれていてうまくいきませんでした。下りエレベーターの待ち時間が数10分とのことだったので階段を地上90mから下りてきました。階段途中には数人のカメラマンが張り付いていましたが人出の多さに大変そうでした。
地上で雪像を見物し19時すぎにはホテルに向かいました。
本日のホテルはJR札幌駅近くの京王プラザホテルと思いましたがとなりの北農健保会館ホテルノースイン札幌にしました。豪華サウナ、朝食つきでなんと5k¥ぽっきりです。昨今グリーンピアとかこういった公共施設?は色々と言われていますが正しく運用していただければ庶民には大変助かります。

2/7(月)は定期観光バスのツアーで札幌の名所巡りと残りのじかんで神社参拝1〜2社の計画です。
09:20札幌駅前発の冬の札幌コースの開始しました。
コースは北海道旧道庁舎、大通り公園の雪まつり会場の車上見物、その他を経由して大倉山ジャンプ競技場、ここではリフトで頂上まで行く予定でしたが前日の雪のためメンテナンス中で乗れませんでしたがスケールの大きさに感動しました。宮の森ガーデンでジンギスカン鍋の昼食をいただき(生ビールが最高でした。)、札幌が一望できる藻岩山に向かいました。ロープウエイとリフトを乗り継いで531mの山頂に到着です。ちょうど天気もよくなり眺望はすばらしくよかったです。外人のカップルにシャターを頼まれ快く引き受けて撮影ののち、どこから来たのか尋ねるとインドからとのこと、ほんとにインド人もびっくりしたようでした。
また藻岩山神社というお宮が鎮座されていて思わぬ参拝記録1社追加です。
クラーク博士の像で有名な羊ケ丘展望台、札幌ドームを経由してすすきので途中下車させていただきバスツアーとお別れしました。
すすきのの雪まつり会場で氷の彫刻を鑑賞し最期の神社琴似神社に向かいました。17時ぎりぎりに着きご朱印お札もいただけました。
いそぎJR札幌駅経由で新千歳空港に向かいました。
18:50発JAL3516便で19:02には離陸しました。空港では時間がなく本場札幌ラーメンもたべれなく、白い恋人を買い、いくら、うに、かにの海鮮丼とカンビールを機内に持ち込みました。
 定刻21:20福岡空港に無事到着しました。

 北海道(札幌)は今回3回目、1回目は30数年前、2回目は1990年と大体15年ごとに訪ねています。この計算ではつぎの訪問は15年後その時自分の年齢はは?、、ちょっと心配です。
冬の北海道は大変すばらしくまたの機会に稚内、宗谷岬
流氷見物等行きたいとおもいます。

白野江植物公園のスイセン
2005/01/23

1/21(金)、関門海峡に近い裏門司(瀬戸内海の周防灘に面している)の白野江植物公園の冬の花スイセンを撮影してきました。
 ここは以前は民間が経営して四季の丘と称していましたが今は北九州市の市民公園となっています。
同じ形態の公園が西鉄が経営していた到津遊園がいまは到津の森公園となっています。
民間の経営が困難となり市民の要望により北九州市が救済しています。北九州市は人口がまた100万人を切り、中間市との合併もうまくいかず先行き心配です。
 ここ白野江植物公園は年間を通じてさまざまの四季の花々、植物が鑑賞でき、頂上広場(標高110m)からは周防灘のすばらしいパノラマも楽しめます。
 今は展望広場から頂上広場までの階段沿いには、4万5千株のニホンズイセンが咲き、ほのかに甘い香りを放っています。
 クローズアップの撮影の時には甘い香りが楽しめましたが、三脚をズボラして使用しなかったためブレブレの大量生産となってしまいました。
 また入り口近くのぼたん園には冬ぼたんのちょうどみごろとなっています、これは近々掲載します。
 天気もよくて気持ちよく撮影でき満足満足です。

お伊勢まいり
2005/01/16

昨年に続いて今年もツアーを利用してお伊勢まいりに行ってきました。
行程は1/14(金)17:30阪九フェリー”つくし”(総トン数:13,353トン、全長:195m)で北九州新門司港を出港し、翌15日(土)早朝05:30大阪泉大津港に到着。
泉大津からは高速バスで西名阪、伊勢自動車道を伊勢に向かいました。
出発前の説明では内宮から二見ケ浦、下宮となっていて昨年バスでとおりすぎた猿田彦神社は今年もだめかと若干あきらめていましたが、バスの中での説明でしきたりどおり下宮から(天皇陛下も下宮からご参拝される)と聞いて安心しました。
08:20頃には下宮に到着しました。朝早いこともあって人出は少なくゆっくりと参拝できました。お札とご朱印も待つことなくいただけました。
内宮への途中に鎮座されている猿田彦神社で降ろしていただきたい旨添乗員さんにお願いするとこころよく了解していただきました。
猿田彦神社でもゆっくりと参拝できました。ここからおかげ横丁を通って内宮にむかいました。
昨年はものすごい人出で敬遠しましたが、今年はここでも赤福本店その他ゆっくり見物できました。おかげ横丁では写真教室か同好会とみうけられる熟年グループの皆さんが撮影を楽しんでおられました。
ここでも女性な数が多いように感じました。
またかえるの上においてお願いすると必ず当たるといわれる宝くじ売り場があり小生も1億円宝くじを10枚購入しました。
内宮も着いたときにはそれほででもありませんでしたがかえるころには相当な人出になっており駐車場も満杯になっていました。
二見ケ浦で夫婦岩の見物と食事ののち伊勢志摩真珠館を見学し14:30ころ出発し帰路につきました。
帰りも渋滞もなく17:30頃には大阪に帰着してしまいました。ここでも添乗員さんたちの機転でおもわぬ大阪都心の夜景見物をさしていただきました。
20:00泉大津港を定刻どおり出港しました。風呂のあとのビールは最高でした。
1/16(日)08:20新門司港に到着、小倉駅で解散となりました。
今回は天候こそ小雨であいにくでしたが添乗員の方々の対応がすばらしく新年から楽しい旅ができ大変満足しました。(これで宝くじが当たればゆうことなしなんですが、世の中そんなに甘くない)

十日恵比須神社(福岡市博多区)
2005/01/10

01/09(日)、正月大祭が開催されている商売繁盛の神様で知られる十日恵比須神社に参拝しました。
8日の初えびす、9日宵えびす、10日本えびす、11日残りえびすと4日間開催され、約100万人の人出が見込まれているとのことです。
場所はJR鹿児島線吉塚駅から徒歩数分の東公園にあります。このお祭りの名物のひとつは福引です、ことしは2000円で福ザサと張子の福起こし、米俵、干支、金蔵、そろばん等、縁起の良いものばかりを大当たりの世話人の声とともに渡されます。長蛇の列で2000円!がえんえんと続いていました。(期間中の売り上げは?)
9日宵えびすの午後には博多券番に所属する芸者衆が白塗りに日本髪、黒紋付のあで姿で参拝する恒例の「かち詣り」があり、これにあわせて参拝しました。
この祭り期間中には写真コンテストも募集されていて境内には大勢のカメラマン(ウーマン)の方が待機されていました。小生も1時間前から場所を確保していましたが、行列が到着する(15時)直前になって小生のまん前に熟年夫婦が割り込んできました、やんわりと抗議するとえらいけんまくで逆襲されました。幸い周りにいた人たちが加勢してくれその夫婦も退散しましたが
最近の若者だけでなく年寄りも非常識な輩が多いように感じます。そんなことで撮影はうまくいきませんでした。


2005年初詣
2005/01/03

2005年元旦の北九州は一面の雪で明けました。
午前中は降りしきる雪で外出はできませんでしたので、例年朝食後出かける初詣は午後になりました。
午後には雪も止み15時ころ自宅の近くの妙見神社に参拝しました。人出は例年より少ないようでした。
 2日の午前中に篠崎八幡神社と高見神社に参拝し今年の3社参りは2日かけておわりました。
 14日からお伊勢まいりに行く予定です、昨年はバスの中からの参拝になった内宮近くの猿田彦神社にも参拝したいと思っています。

高良大社(福岡県久留米市)、他に参拝
2004/12/05

11/29(月)、紅葉シリーズの締めくくりとして久留米の高良山の高良大社、他に参拝しました。最初はJR久留米駅の近くで筑後川のほとり鷺野ケ原に鎮座されている水天宮にしました。ここは国内・ハワイ等各地に鎮座されている水天宮の総本宮です。つぎは本命の高良大社に向いました。一の鳥居を過ぎてしばらく行くと石段の参道の入り口に二の鳥居が見えてきました。この近くは紅葉がすばらしく多数のハイカーがいました。車の場合はこの参道を登らずに自動車道を行きます。数分で第三の鳥居と石段の参道の下の駐車場に着きます。この131段の急な石段を登ると目指す境内と展望台です、ここからの筑紫平野の眺望はすばらしく月曜日にもかかわらず大勢の参拝者、ハイカーで賑わっていました。参拝しお札とご朱印を拝領し奥宮に行くことにしました。車で5分ほどで入り口の鳥居につきます。奥宮に参拝後下山途中にある高良山愛宕神社および高良下宮社に参拝し最後の目的地北野町の北野天満宮に向いました。当社は先の台風の被害にあったとのことで初詣に間に合うように修復工事が進行中でした。帰りは高速を使わず国道322号線で甘木から秋月を経由して帰還しました。国道322号線の八丁越は紅葉もきれいで対向車も少なくのんびりと運転できました。これから順次各神社を掲載します。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -